家族葬が近年多くなってきたのは

家族の中で誰かが亡くなった時、以前は個人、家における問題というのではなく、地域社会全体の共同事業のようなものでした。


葬儀を行う時も喪主や遺族は何の意見もなく、その地域の長老ともいうべき人に葬儀全体の事を聞き、地域の人たちにはそれぞれに役割を与えていました。



現在と違って地域の人達の手助けがなければ葬儀じたいを行うのもできなかったくらいだったのです。
そして、葬儀を行うのも家で行ったものです。


しかし、今日では亡くなるのもほとんどの人が病院で亡くなることも多くなり、そこから自宅や斎場に故人を安置することから葬儀社の手配でするようになっています。

以前のような大規模な葬儀ではなく家族葬が多くなってきたのには、死が個人の事との考えになってきたことにあります。
故人や遺族の個性を大切にして、大好きだった音楽をかけたり、故人の生前の様子を映し出したり、好きなお花に囲まれて見送られるなどと、従来のお葬式の形にこだわらない送り方をする人も増えてきました。
また、葬儀自体の簡素化もあります。

経済的にも無駄を省きたい、儀礼的に参列する人たちを省略したい、あるいは故人が生前より残される子供などに迷惑をかけたくないなどの思いから家族葬を選ぶ場合も多くなってきました。

日本経済新聞のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

ただ、家族葬と一口にいっても、どの家の家族葬も規模が大きくないというものではありません。



それは、本当に少ない人数の家族だけで静かに見送るのもあり、また、世間的には大々的には知らせないが生前の付き合いが広くて数十人から百人程度の人達で送る家族葬もあります。