選ばれる方が増えている家族葬とは

家族葬とは、一般的な葬儀よりも小規模ながら家族や親族のみ、もしくはごく親しい友人のみを弔問客として迎えて執り行われる葬儀のことを指します。

一般的な葬儀では多くの関係者に連絡をしたり当日までの準備、手配など慌ただしく、遺族が故人を偲ぶような時間などなかったりすることが多いのですが、家族葬では在りし日の思い出話を親しい者同士で語り合ったりと、本当に真心のこもった葬儀を行うことができるのです。


また葬式仏教とも揶揄されるような形式ばった葬儀ではなく、大切な人に思いを馳せるようなかたちである程度自由なセレモニーを行いやすいのも特徴で、多様なニーズにも対応できる面もあるのです。近年は日本人の寿命がかなり延びたこともあり、亡くなられてしまった時点で以前勤めていた会社関係者との縁も薄くなっていたりと、家族葬が選ばれる素地は今後も増加していくことが予想されます。



通夜から葬儀、告別式、そして火葬まで、家族葬の基本的な流れは一般葬と同じですが、やはり規模が小さい分費用が安く済むことが特徴です。

これまでの葬儀では数百万円かかってしまうことも珍しいことではありませんでしたが、葬儀会社が提示する料金体系には「なぜこんなにかかるのか?」という疑問を感じてしまう部分が少なくなく、そういった点からも家族葬を選ばれる方が増えているのです。

Yahoo!ニュース情報を多数ご用意したサイトです。

仏式が一般ですが、神式から他の宗教のスタイルまで柔軟に対応できるのも特徴となっています。