家族葬の流れと料金体系の変化

家族葬は、一般の葬儀と同様に医療機関から遺体を引き取り、通夜及び葬儀後に火葬し埋葬しますが、参列者や弔問客の人数が非常に少ない事が大きな相違点です。



加えて、弔問客や参列者が少ない事で返礼品や振る舞い膳、精進落とし料理などの手配の必要が無く、一般の葬に比べて葬儀費用のトータルコストが安く抑えられるメリットや埋葬までの限られた時間で故人を偲び冥福を祈る事が出来るメリットもあります。

家族葬は、経済不況の影響を受けている為に今後も増加すると予想され、葬儀業界自体も大型の葬祭施設から小さな葬祭会場へ移行しています。

又、葬儀後の遺族を憤慨させる事の多い追加請求を完全に排除した、分かりやすいセットプランが主流となり、葬儀業界の悪習とされている不明確な料金体系が払拭されています。

nanapiに関する良い情報をご紹介するサイトです。

家族葬では、現在の著しい仏教離れに対応して僧侶の読経や高額なお布施が必要な戒名を刻んだ位牌、焼香などが無いセットプランも企画されています。



家族葬は、インターネット上では横並びのセットプラン料金が並んでいますが、死者数の増加による火葬場の不足に対応する為のサービス、棺や祭壇などの選択肢のバリエーションなどが異なるので、遺族は詳細までしっかりと確認する必要があります。
又、家族葬はまだまだ認識度が低い新しい葬儀様式なので、人数の定義やマナーが確立されておらず曖昧な部分があるので、大人のエチケットとしてこの葬儀に対する知識を蓄えておく必要があります。