従来の葬儀と家族葬の増加の背景

葬儀業界は、暗黙の了解として地域の葬儀業者が独自に葬儀費用の相場を決めていたい面があり、料金体系が明瞭化しつつある現在でも同じ祭壇や棺でも葬儀業者によって見積もりや価格が大きく異なる事が多々あります。



背景には、不幸な事に対する事前準備は不幸を呼び込むとして忌み嫌われて来た経緯がある上に、人の亡くなる場所が自宅から医療機関に変わった事により葬儀業者を医療機関から紹介され、紹介された葬儀業者の口車に踊らされ非常に高額な葬儀費用になってしまう負の流れがあります。


しかし、近年では経済不況や著しい仏教離れなどから家族葬や直葬などが増加しています。

毎日新聞の基本知識を紹介しています。

家族葬は、密葬と混同される方が多くいますが、密葬の様に対外的なお別れ会や告別式を行う事無く、基本的には家族数人だけで小規模な通夜と葬式を執り行います。


その為、葬儀に参列者出来ない親族や故人の知人への訃報は葬儀終了後の事後報告となる事が多い傾向がありますが、出来る事ならば事前に連絡し理解を得ておく方が良いとされています。



又、盛大な葬儀が故人の為と言う考え方は現在も高齢者に残っていますが、盛大な葬儀よりも家族にゆっくりと弔って欲しいと考える高齢者が大半を占め、葬儀業界では家族葬が葬儀の主流になっていくとして大型の葬祭施設から小型の葬祭施設へ転換を図っています。

加えて、葬儀業界では家族葬が増加した事で異業種の大手企業による加盟店と言う名のフランチャイズが運営され、全国で一律料金のセットプランも展開されています。